人狼BBS:F国 F137村住人の作品集。

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



~ 蒼天 ~ kyou(審問再戦ver)

...2006/03/18 22:28...

さらさらさら…

軽やかな音を立てて流れる小川のほとりに、一人の農夫が座っている。



さらさらさらさら…

春の気配を宿した陽光に、きらきらときらめく川面を見つめながら、農夫は、はあ、と、溜め息を吐いた。
「おら、どうしたらいいだべさ?」
『キミのしたいようにすればいい』
その声は、農夫の隣の切り株に、ちょこなんと乗せられた熊のパペットから発せられた。
農夫は、喋るパペットに動じる気配もなく、ちろり、と恨めしげな目を向ける。
「冷たいべさ、ジェフリー。おら真剣に悩んでるだべ」
『わかってるよ。だから、キミの好きにしたほうがいいんだ。これは、キミの命と、キミ達の村の問題なんだから』
「でも相談くらいのってくれてもいいだべさ?」
『だって、キミ、ホントは、もう心を決めてしまっているだろう?』
「う…」
農夫は口ごもり、次いで再び、大きく息を吐いた。
「…そうだべな。おら、やっぱり…シャロさには生きていて欲しいだべよ」
哀しげな言葉に、ジェフリーは、ほんの少しだけ和らいだ声で問い返す。
『生きて彼女を守るという選択もあるんだよ?キミが死んでしまったら、彼女を狼から守れる者はいないんだ』
「だども、おらの正体に、はっきり気付いているのは、多分ハヴェさだけだべ。おらがシャロさを守り続けて、もしハヴェさが襲われてしまったら、シャロさは、おらを信じてはくれないだよ」
『彼女の手で吊られるのは、やっぱり嫌かい?』
「それは全然構わねえ」
農夫はきっぱりと即答した。
「おらが嫌なのは、その後、確実に村が滅びて、シャロさも狼に食われてしまうということだべ。決して間違えてはいけない場面で、おらが、村を…シャロさを間違わせてしまうかもしれねえ。それに、もし何も言わないうちに、おらが襲われてしまったら、おら、村のためになんの情報も残せないだべ。それが、困るんだ」
農作業用の帽子(今は、可愛らしいクマミミ付きだ)の下の日焼けした顔を、僅かに曇らせて呟く。
それは、まるで「明日は雨が降りそうだから、農作業がはかどらなくて困る」とでも言うような、ごく普通の口調であり、表情だった。
『うん、そうだね、確かに困るね』
ジェフリーもまた「天気になるといいね」とでも言うような口調で相づちをうつ。
「んだな、おら決めたべよ。今日…いつにするかはヒューさ次第だべが…今日のうちに守護の力があることと、今まで守ってきたのが誰なのかを、皆に伝えるだ」
そうやって、狼が持っているのと同じだけの情報を、全て村の皆に手渡し…恐らく今日の夜には狼に食われることになるだろう。
農夫グレンは、小川のほとりから立ち上がり、切り株の上のジェフリーを見下ろして、せいせいとした笑みを浮かべた。
「ジェフリー、約束は覚えてるだべな?」
『約束というか、キミのお願いだろ?まあ、キミが望むなら仕方が無い。最後まで村の行く末を見届けてキミに教えてあげるよ』
「うん、シャロさとみんなを守ってやってくれな?」
『だから、ボクには、その力はないって言うのに』
「本当にそうか?」

ふわり、と柔らかな風が、小川の上を吹き抜ける。

「あの時も、お前とリーザが村を守ったのだと思うがな。ジェフリー」
『違うよ、リーザとヤコブが村を守ったんだ。ボクは手助けをしただけさ。パメラ』
いつの間にか小川のほとりに、無骨な農夫の姿はなく、すらりとした長身の女が、ジェフリーを見下ろして、笑みを浮かべている。

さらさらさらさら…

けれど、何事もなかったように、川はきらめきながら、流れ続け…
「お前もチャーリーと同じ、あの人形使いが持ってきた人形なのに、な?」
何事もなかったように、女は微笑みを浮かべたまま言葉を繋ぐ。
『そうだね、もしかしたら、ボクとチャーリーは、おなじモノから別れた存在なのかもしれないよ』
「もしくは、同じモノの裏表、か…私のように」
『そう、かつて人狼だった、キミと、今、ヤコブの子孫の身体を借りて村を守るモノとなったキミのように』
「ふふふ…面白いな」
『そんな風に言ったらグレンが泣くよ?彼、必死で悩んでるんだから』
「そうか?どちらかというと、あの娘に想いを告白するべきかどうかの方を真剣に悩んでいるようだぞ?」
『それは、否定しない』
さらさらと流れる川のほとりに、朗らかな女の笑い声が谺した。
「それでは、後を頼むぞ。ジェフリー」
笑みを消さぬまま、女の姿は光に溶け
「さあ、帰るだべ、ジェフリー」
無骨な農夫の腕が、パペットを抱き上げる。

さらさらさらさら…
きらめく流れは、ただ軽やかに絶え間なく。
人影の消えた川のほとりに、蒼天の彼方から、ひらりと一枚の白い羽根が舞い降りて、消えた。

~ Forever ~
スポンサーサイト




人狼退治の功績で死後天使に叙されたリザちゃんが、再び村に現れた人狼から村を守るために、元人狼のパメラをジェフリーくんと共に村に遣わしたとか、そんな感じです。(あばうと)
天使のリザちゃんは、人狼退治した頃の姿らしい(死因はきっと老衰w)
そして、最後の羽根は天使リーザの羽根なのでした。チャンチャン♪
【2006/03/19 01:55】
URL | kyou #JC3MzfCQ[ 編集]




この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://f137werewolf.blog28.fc2.com/tb.php/15-087e1063
プロフィール

村人さん

Author:村人さん
人狼BBSF国、F137村の有志数人。
ことごとく多弁。

(*'п')『よそ様のコメントも大歓迎だヨ! どんどんお願いするネ!』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する